慰安婦像の嘘!真実は日本ではなくアメリカ批判だった!その正体とモデルになった少女について紹介!

ここ最近というかここ何年かずっと韓国では慰安婦関連の話で

騒ぎになっていますが色々と調べた結果

慰安婦像自体、日本とは関係なかったことが分かりましたので紹介したいと思います。



いきなりそんなこと言われてもと思うかもしれませんが

とりあえず知らない方も多いと思いますので

今更かと思いますが知って損はない情報ではないかと。


慰安婦像の真実!?


今や日本でも知らない人はいないんじゃないかと思われるこの慰安婦像ですが

元々は慰安婦どころか日本にも一切関係ない少女をモデルにしているのを

知っていますか?



あれだけ騒ぎになっておいて実際には日本と全く関係ない少女だったというのは

なかなか信じられないとは思いますがこれは事実となります。



実際には彼らはあれが慰安婦被害にあった少女だと思い込んでいるのか

ただ黙っているのかはわかりませんが

その事を全く語ろうとはしてないようですけどね。



以前韓国でどっかのおばさんがパフォーマンスなのか

慰安婦像に抱き付いて泣きながら日本がー日本がーと

言っていたのを見たことがありますが

モデルにされた少女としては何言ってんの?この人?って感じだったでしょうね・・・。

Sponsord Link


慰安婦少女像のモデルとなった少女について

あの少女像のモデルになったと言われている少女ですが

2002年に韓国京畿道楊州郡で起きた

議政府米軍装甲車女子中学生轢死事件で被害に遭った少女をモデルにしているとのこと。



事件の詳しい説明はwikiかなにかで調べればすぐにわかるので

そちらで確認してもらいたいですが簡単に言うと

韓国でアメリカ兵が公務中事故を起こして女子中学生をはねて

亡くなった事件の被害者になります。



事故を起こしたアメリカ兵が結果的に公務中の事故として

無罪になった際に反米運動の一環として作られたのが

被害者の少女をモデルとした少女像とのことです。



そしてそれが同じ製作者の手によってかなりの類似点を残しながら

慰安婦像として作製されて今の少女像にという流れみたいですね。



なのであの少女像は元々はアメリカを批判するために作られたものであり

慰安婦とは全く関係ない少女をモデルにしていると言う事です。

Sponsord Link



実際に亡くなってしまった女子中学生の少女には哀悼の意を表しますが

それを直接的ではないとはいえ彼女自身と全く関係ない

慰安婦像に利用するなよと。



おそらくそのことを韓国に言ったところで

あの少女も慰安婦問題が解決することを望んでいるとか

あれは平和を象徴する像だから関係ないとか言うんでしょうけどね。



亡くなった女子中学生をモデルにした像が

慰安婦像の正式名とされる”平和の少女像”として

色々各地に置かれるのはアメリカの意向はともかくとして

分からないでもないです。



しかしあの像は今や慰安婦のみを指しているといっても過言ではないですし

ひいては日本批判するためにだけ利用しているわけですから

ちょっとそれは違うんじゃないかなと。



あの像が真実”平和の少女像”として作られたのであれば

日本を批判するためにクローズアップされるのもおかしいですし

それを大使館の前に置くこと自体おかしいと思いますけどね。



というかそういう像をアメリカにもいくつか設置しているみたいですが

それってアメリカに対する批判と受け止められる可能性もありそうな気が・・・。



まあ、韓国の事ですから日本憎しで何も考えず

数を増やすことしか頭にないのだと思いますが

なんていうか色々な意味で残念だなと。

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする