東(あずま)修平最年少市長誕生!その経歴と家族・嫁について調べてみた

大阪府四條畷市長選で新人で無所属の東修平候補が

最年少である28歳という若さで当選し注目を集めています。



管理人よりも年下なのに正直すげ~なと思ったこともあり

ちょっと色々気になったので調べてみました!


東修平の経歴&プロフィール


東(あずま)修平

1988年(昭和63年)10月3日生まれの28歳 O型

出身大学:京都大学 工学部&大学院工学研究科

職歴:外務省→野村総合研究所インド



上記の情報は公式よりの引用となりますが

ぶっちゃけ経歴だけを見たらエリートさんなのは間違いないかと。



職歴にある外務省での勤務が1年ちょっとで転職しているのがちょっと気になりますが

なんでも尊敬していた上司が過労死で亡くなったとかで

色々思うことがあったみたいですね。



そしてその後経営コンサルタントとしてインドに渡り

2017年には市長選出馬で当選とあまりにも一般人離れした経歴なので

いずれ自伝か何か出せばそれなりに売れる気がしますね。

もちろんそれなりの実績を残すことが出来たらの話ですが。

Sponsord Link


家族・嫁について

こんな若さで立候補して当選してしまったんだから

それはそれはすごい後ろ盾と言うか地盤があったのではないかと思い調べたんですが

結果はなんていうか色々苦労しているんだなという感じ。



なんでも市長選に出る転機となったのは

父親が末期がんの宣告を受けたからだそうで

実家のある四條畷市に頻繁に帰るようになって

その現状を知り、出馬を決めたという流れだったみたいですね。



残念ながら詳しい家族構成などについてはわからなかったですが

おそらく父親の看病を母親や他の家族たちがしているのかなと。



私的にはこの立候補までの流れでなんで出馬という道を決意したのか

正直理解できない部分が多いんですが

元々の経歴がすごい方なので一般人目線では理解できないのかも。



もちろん実際にこの若さで立候補して当選を果たした以上

大したものだと尊敬に値しますしガンバって欲しいとは思いますけどね。

Sponsord Link



そして気になる嫁・奥さんについてですが

公式のフェイスブックなどを確認しましたが

今のところそれらしい部分がなかったのでいない可能性が高いかなと。



当然ながら相手が一般の方で政治家の活動とは

全く関われない方の可能性もありますが

それにしたって全く話に出てこないというのもまずないと思いますしね。



というよりこれだけの若さで立候補した以上

一番信用できる奥さんが表に出てこないなんてことは

正直考えずらいですしね。

まあ、結婚していないだけで恋人はいるかもしれませんが。



とりあえず現段階でそんな影がみえないことから

これから一気に新市長に女性が集まることになるのではないかと。



最年少市長として実際は大変でしょうけど

失礼ながらかなりの良物件なのは間違いないですし

その恩恵にあずかろうと周りも動くのは間違いないでしょうね。



もちろんそれについて間違っているとは思いませんし

権力を持ってしまった以上、それを逆に利用しようと考えるのも

当然だと思いますし。



なんにしてもこの若さで市長となった以上

一般人には想像もできないほどの苦労もあると思いますが

自分でその道を選んだ以上諦めずに頑張って欲しいと思います。

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする