一般人目線から色々言いたい!

最新記事更新情報

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する

石原慎太郎引退撤回して2014衆院選出馬決定!?選挙区は比例東京?

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回は引退が示唆されていた石原慎太郎衆院議員が

引退を撤回し2014衆院選に出馬すると名言したらしいので

そのことについて色々語りたいと思います。

2014衆院選出馬

 

まあ、ある意味予想出来たことではありますが

やっぱりかといった印象ですね。

 

石原さんは確か東京都知事の時にも引退を仄めかしながらも

突然出馬を決め、その勢いのままに当選といったことがありましたからね。

こうなるのもわからないでもないかなと。

 

ただ以前とは違い体力的に厳しいのは事実。

なんだかんだ言って現在82歳ですからね~。

夏場の選挙よりは良いかもしれませんが選挙活動自体かなり大変なのは明らかですので

体調を崩さずに最後まで行けるのかどうか心配なところです。

→『石原慎太郎引退撤回して2014衆院選出馬決定!?選挙区は比例東京?』の詳細ページへ

東国原英夫が宮崎・大阪知事選に出馬!?2014衆院総選挙は出ない?

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回は最近見ないな~とは思いつつも

2014衆院総選挙においてその動向が気になる東国原英夫元議員が

今後どうするのか色々考えてみました。

確か今現在どこの政党にも所属しておらず無職も同然だった気がしますが・・・。

宮崎・大阪知事選に出馬!?

 

とりあえず現段階において2014衆院総選挙には出馬しないと言っていた

東国原英夫元議員ですが最近言われているのが

宮崎知事選か大阪知事選に出るのではないかとの噂が・・・。

 

宮崎知事選

 

これについてですが元宮崎知事だったということもありますし

その時の宮崎のPR効果はかなり大きかったですので

十分有り得ることかなと。

 

正直言って彼が知事の時には毎日どこかしらで宮崎関係の話がされていたものですが

彼が退任してから全くと言っていいほど話題に出なくなりましたからね。

やっぱり彼の知名度やPR力は大きいです。

 

それに退任した後も宮崎の祭りやイベントに参加しているらしいので

知事に返り咲くのもそれほど難しくはないかなと。

→『東国原英夫が宮崎・大阪知事選に出馬!?2014衆院総選挙は出ない?』の詳細ページへ

2014衆議院選挙の争点は消費税増税と中国関連

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回は2014年衆議院選挙の争点について色々語りたいと思います。

ちなみに公示日や投票日を知りたい方はこちら!⇒公示と投票日

争点

 

争点と言っても今回の選挙は難しい部分があるんですがやっぱり

消費税を増税するのか?しないのか?

が一番の争点になるだろうと思います。

 

今年の4月に5%から8%に上がった消費税に随分と慣れた頃だと思いますが

来年2015年10月に10%に上げることが暫定的にせよ決まっているわけで・・・。

 

今の政府的にはぶっちゃけ景気イマイチなんだけど上げたらまずいから一度やめとこうか

それとも一度決めたことを覆すのは良くないからやっぱり予定通りに上げようかと

いった感じでしょうかね。

今のところ上げない派と上げる派で6:4か7:3といったところでしょうか。

 

私としては出来れば上げないでいてくれた方が助かりはしますが

上げないと日本が危ないならば上げるしかないんじゃないかといった感じです。

増税に反対してその結果日本が駄目になっては元も子もないですからね。

 

ただその代わりと言ってはなんですが食料品などの生活必需品については

免除するなどの方策をとって欲しいと思います。

というより消費税増税の際にそうするって言ってたませんでしたっけ?といった感じですかね。

→『2014衆議院選挙の争点は消費税増税と中国関連』の詳細ページへ

2014衆議院選挙の公示と投票日はいつ?

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回は年内にとは予想していなかった衆議院解散の情報が入ってきたので

これに関して色々言いたいと思います。

とりあえず現段階において有力な公示日と投票日について語りたいと思います。

ちなみに争点に関してはこちらからどうぞ⇒2014衆議院選挙の争点

国会議事堂

私的には正直言って今解散する必要が本当にあるのかどうか疑問な部分も

多々あるわけですがまあ、解散するらしいので・・・。

それにしても解散総選挙のたびに思うのですが首相が解散権を持つのは

どうなんだろうな~と思いますけどね。

衆議院も任期があるのにあんまり意味がない気がします。

→『2014衆議院選挙の公示と投票日はいつ?』の詳細ページへ

沖縄独立すると中国の属国になる?

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回はスコットランドが独立しないことが決まりましたが

それに関連して日本から沖縄が独立するという話が

持ち上がっているらしいのでこれについて語りたいと思います。

ぶっちゃけ沖縄が独立しても日本から中国籍に変わるだけのような気がしますけどね・・・。

okinawa

沖縄が日本から独立したいという話は以前から度々起こってきた問題ですが

ここ最近は随分と話が大きくなってきている気がします。

 

独立賛成派の目的としては琉球人の誇りを取り戻そうとか言っているようですが

客観的に見てアメリカ軍基地問題で日本政府の対応が気に入らないから

独立しますと言っているように感じます。

 

まあ、これまで移設するしないで揉めたりしていますが

結局県外にはならず県内の別の場所に移設することが決まってしまい

政府に対して不満があるのは分からないでもないんですけどね。

 

ただ、だからといって日本から独立するしないというのは

あまりにも状況が見えていないとしか思えないですけどね。

 

沖縄が独立した場合中国に侵略される?

 

まず間違いなく中国が動くことは確実でしょうね。

そして最終的には中国の属国になるのが目に見えています。

 

これに対して中国が侵略する根拠がないなんてことを

言い出す方もいらっしゃいますが

逆に侵略しない根拠はないわけですよね?

 

最近の中国は周りすべての国と揉めていますし

中国が沖縄を独立させようとしているのは明白ですし

その目的は沖縄を自国の領土若しくは属国にしようとしているから

以外に考えられないと思いますけどね。

 

あと、独立派のサイトを見てみたら

自分たちは中国の回し者じゃない、沖縄のために独立させようとしている

みたいなことが書いてありましたが

回し者じゃなくても独立したら中国の思うつぼだということが

なんでわからないんでしょうか・・。

 

さらに中国などから侵略されそうだったら

中国くらい軍を持っている国と軍事同盟すればよいとか

言っていましたがあまりにも考えが足りなすぎます。

 

中国と渡り合えるのは現段階でアメリカとロシアくらいですが

アメリカは日本の手前、同盟しないでしょうし

ロシアの場合は中国と同じくらい信用できない国ですからね。

軍事同盟なんか結んだら沖縄に自国の軍隊を駐留させて

最終的にロシアのものにされちゃうのが目に見えています。

 

というわけでおそらく独立したとしても

どこかの国に属することになってしまうのは目に見えていますし

独立するだけのメリットもないと思います。

→『沖縄独立すると中国の属国になる?』の詳細ページへ

ISISテロ標的はオーストラリア!?理由は空爆参加?それともキリスト教?

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回はオーストラリアでISISのテロ計画があって

それを防いだという情報が入ってきましたので

それについて色々語りたいと思います。

それにしてもなんでオーストラリアでテロなんですかね~?

やっぱりイラク空爆に参加するからでしょうか・・・。

 

オーストラリアで大規模テロ計画!?

 

今回の事態について簡単に説明すると

オーストラリアにおいてイスラム国関係者つまりISISによる

無差別テロが発覚。

さらに首都であるキャンベラの国会や議員も標的であることが明らかに。

 

そのことからオーストラリア連邦警察が大規模な家宅捜索を実行し

テロ計画を企てていた疑いで15人を検挙したとのことです。

 

オーストラリアのメディアによると検挙された組織・連中は

オーストラリア市民を誘拐してス〇ップビデオ撮影をして

それを公開する計画だったそうです。

 

とりあえずテロを未然に防ぐことが出来たのは喜ばしいことですが

正直ISISがなぜオーストラリアを狙ったのか、

そしてそういったビデオを撮影する目的は何なのかわからないですね。

 

理由については後述しますが

そういった行為をビデオで撮ってそれを公開して誰が得するのかわからない。

単純にISISに対する怒りを増幅させるだけのような気が・・・。

 

ただどちらにしてもイスラム教信者で過激派ではない方達にとっては

大迷惑以外の何物でもないですよね。

こういった事件やテロが起きてしまうせいで敬虔な信徒は

イスラム教=悪い宗教だというレッテルを張られてしまうわけですしね。

 

私の職場にも一人イスラム教の信者の方がいるんですが

なにもしていないのに警戒されることが多くなった気がすると

言っていましたからね。

 

私的にはその人と普通に接していますが

食事の時に肉を食べないくらいであとは特に違いはない気がしますけどね。

それ以外にも色々あるんでしょうけど普通に生活している人にも

迷惑がかかるわけですからその辺をどう思っているのか一度聞いて見たいものです。

→『ISISテロ標的はオーストラリア!?理由は空爆参加?それともキリスト教?』の詳細ページへ

韓国ドイツ首相にソウル平和賞!?過去の受賞者には国連の・・・

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回はお隣韓国でまた面白いことが起きているみたいなので

それについて語りたいと思います。

なんでもソウル平和賞なるものがあって今回は

ドイツのメルケル首相が選ばれたとか。

明らかに日本に対する挑発が見えますよね。

ほんとよくやるわって感じです。

 

ソウル平和賞

 

私もそうですがソウル平和賞っていきなり言われても

何だそれって方が多いと思いますので一応説明を。

 

ソウル平和賞とは韓国で開催された1988年ソウルオリンピックを記念して

1990年に制定されたもので表彰されるのは2年毎となります。

趣旨としては世界平和の精神と人類和合を発展させて

南北に分断されている漢民族平和を実現することのようです。

 

受賞した方には賞状などに加え副賞として

20万米ドルが進呈されるとのこと。

 

20万米ドルということは単純に1ドル100円で換算した場合に

2000万円相当になるということですね。

想定していた額よりも結構高いかも。

 

まあ、はっきり一言で言ってしまえば

なんで韓国が偉そうに平和賞なんてものを作っているのかと

正直理解ができませんね。

 

世界平和の精神と人類和合を目的としたものを作っている韓国が

今やっていることは世界各国で日本批判とは

矛盾しているにもほどがありますよね。

 

それに今回も20万米ドル支払われるかは分かりませんが

そんな金があるなら自国の国民のために使えよと正直思います。

 

あと今回選ばれたドイツのメルケル首相ですが

これって明らかに日本に対する挑発としか思えないんですけどね。

 

そもそも日本はドイツを見習えと言っていますが

見習ったら慰安婦問題などにお金が払われることがないことを

知っているんでしょうか?

 

ドイツは確かにナチスが行ったことに対して

謝罪していますが基本的に賠償しているのはドイツ人だけだと

分かって言っているんですかね?

他国の賠償請求には一切応じないというのがドイツの方針なんですが・・・。

 

とまあ、色々と文句がありましたので一気に書いてしまいましたが

どちらにしても現在においても北朝鮮と休戦中である韓国に

平和賞なんてものを制定する資格はないと思います。

→『韓国ドイツ首相にソウル平和賞!?過去の受賞者には国連の・・・』の詳細ページへ

残業減らして朝型勤務推奨!?メリットとデメリットについて

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

今回は政府が新たに推奨している朝型勤務について

色々語っていきたいと思います。

長時間労働の見直しに朝型勤務を推奨しているようですが

これによるメリットはもちろんデメリットもありますので

うまくいくかどうかは今のところ不明ですね。

 

 

まず朝型勤務とは何かについて簡単に説明すると

長期間労働つまり残業時間を短縮させるため

その分を朝に回すことで効率化を図るというもの。

 

まだほとんどの会社で導入されていませんが

大手商社の伊藤忠商事が導入した結果、

残業時間が短縮され、会社が払う残業代や電気使用量も減ったとのことです。

 

あと朝型勤務を推奨することにより、残業時間を減らして家に帰りやすい雰囲気を作ることで

育児にも参加しやすくする狙いもあるとか。

 

朝型勤務によるメリット

 

まずメリットとしては残業時間が短縮されて

企業が残業代などを抑えることが出来ること。

 

これについてはあえて説明するまでもなく

単純に人件費と経費削減になるわけですから言うまでもないかと。

さらに効率化もされているようですからさらに良いかと。

 

もう一つが時間を有効活用させることが出来ること。

残業を少なくすることで家で育児や介護などにも参加できるようになりますし

自己鍛錬の時間も作れるようになります。

まあ、時間駅に余裕が作りやすくなるといった感じですかね。

 

他にもまだメリットはありますが

上記で挙げた二つのメリットが大きいと思います。

→『残業減らして朝型勤務推奨!?メリットとデメリットについて』の詳細ページへ

認知症の高齢者が詐欺被害に!?送り付け商法の対策方法は?

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

最近なにかと騒がれている送り付け商法ですが

現在急増しているのが認知症の高齢者を狙ったものだそうです。

私にも認知症の身内がいるので他人事とは思えないので

今回色々紹介しながら語っていきたいと思います。

それにしても認知症の高齢者を狙うとはさすがに許せませんね!

 

認知症の高齢者が狙われている!?

 

まず明らかになったことを説明すると

国民生活センターによる調査で認知症など判断能力が低下している

高齢者のトラブルによる相談が2013年に一万人を突破したと発表。

 

相談の8割は家族からの相談とのことですが

本人が気づかないだけでもっと被害が出ている可能性も。

 

そうしたトラブルの中で一般に送り付け商法と呼ばれる

手口によるトラブルが急増しているらしく

中でも健康食品のものが多いとのことです。

 

送り付け商法

anote11
まず簡単に送り付け商法とは何かについて説明しますが

注文していない商品を勝手に送り付けて

一方的に代金を請求するというものになります。

押しつけ販売とも呼ばれていますね。

 

送り付けられる商品は様々で今回の高齢者のように健康食品等もありますし、

少し前に流行ったのが家に大人のDVDが届くといったこともありました。

あとは生ものでカニを送り付けたりといったこともあったらしいです。

 

対策方法

 

まずお金を支払わないこと。

こういったことは一度でもお金を支払ってしまうと

相手側も味を占めてまた狙われてしまいます。

 

次に商品を送り返すこと。

届いた商品ですが大体の場合段ボールか小包で

来ると思いますが怪しいものは開けないほうが良いかと。

 

通常何か荷物が届いたときに送ってきた相手が誰なのか分かるはずですし

知らない相手からのものだったら開けないで返送したほうが良いと思います。

 

それでも中身が気になって開けてしまった場合、

その商品を使用したりしないことが大事です。

使用してしまうと購入したと認められることも。

 

返送しない場合、商品を受け取った日から14日間

若しくは引き取りを請求してから7日間経過すれば

処分してかまわないとのことです。

 

他にも色々対策として有効なものがあるかもしれませんが

今のところ上記の二つが一番有効だと思います。

→『認知症の高齢者が詐欺被害に!?送り付け商法の対策方法は?』の詳細ページへ

知的障害者の犯罪は有罪・無罪どっち?加害者よりも被害者を!

はい、ど~も。

当ブログ管理人のKENJIです。

 

前回の記事⇒全盲少女負傷事件でネットモラル低下浮き彫りに!?

前々回の記事⇒全盲少女負傷の加害者が知的障害者って刑事責任・罪に問えるの?

と全盲少女関連の話を書きましたが

今回は最後ということで知的障害者の犯罪について語りたいと思います。

 

このことについては様々な意見があると思いますが

こういった話題において避けては通れない問題だと思います。

もちろんあくまで私の個人的な見解ですのであしからず。

 

知的障害者の犯罪は有罪・無罪どっち?

 

この手の問題は様々なケースがあるので

一概にこうだ!とはいえないですが

私は有罪にするべきだと思います。

 

その理由について説明する前に前提として

知的障害がある人物が犯罪を犯した場合

健常者と比べて罪が軽減される傾向があります。

 

前々回の記事でも取り上げましたが

責任能力の有無によって左右されてしまうからです。

知的障害と言っても軽度な方ならばほぼ健常者と同様の罪、量刑になりますが

そうでない場合、捕まえても何を反省すれば良いのか

犯罪行為と理解しないで行ってしまっているため罪に問えなかったり軽減されたりするわけです。

言ってみれば善悪の区別がつかないから責任能力がないと判断されてしまうと。

 

ここからは有罪にするべきだという理由を説明しますが

加害者ではなく被害者の立場に立って考えてみた場合、

知的障害がある方から受けた場合と健常者から受けた場合の被害に

違いはあるんだろうかと疑問に思うからです。

 

これも様々なケースがありますので何とも言えませんが

今回起きた全盲少女負傷事件を例に挙げると

今回加害者となった男性は知的障害があるために

警察は刑事責任を問えるかわからないと言っていますよね?

 

もしこれが健常者だった場合刑事責任を問えるかどうかなんてことは

一切出てこないでしょうし、

むしろ悪質だと判断して速逮捕して起訴に持ち込もうとしているはずです。

 

もちろん今回の事件の場合まだ加害者に責任能力があるかないかわかりませんから

これから逮捕・起訴される可能性もあるかもしれませんが

もしかしたら責任能力がないとして不起訴になることも大いにあり得るわけです。

 

もし不起訴になったら相手が知的障害があるからって納得できることでしょうか?

私があの少女の身内なら到底納得できるものではないです。

相手に知的障害があろうとなかろうと怪我をした事実は変わらないですからね。

 

今回の場合、犯罪行動を起こしたのは事実なのだから

その行動に対して罰を与えるべきだと私は考えます。

→『知的障害者の犯罪は有罪・無罪どっち?加害者よりも被害者を!』の詳細ページへ

一般人目線から色々言いたい! TOP